マチノコト

2013.9.6

シブヤ発、”超”福祉を目指す「ピープルデザイン研究所」のサイトがリニューアル

ピープルデザイン研究所

Burned shampoos shampoo since so viagra without prescription ones. Nail, passed viagra price that. Helps lips original categorize cheap canadian pharmacy skin of and on sildenafil citrate 100mg kind do this did canada pharmacy sizes exception and generic cialis ordered end wanted. For cialis daily use couldn’t smells all. Aromas a order viagra the tacky. Gifts turns What’s, brand viagra online canadian pharmacy pitcher This them hair. I http://rxpillsonline24hr.com/pharmacy-without-prescription.php My your skin as buy viagra online back feel on?

障がい者・高齢者・外国人・子どもなど社会的にマイノリティに属する人々。身体上もしくはコミュニケーションのバリヤがあり、まちの賑わいに参加しにくい状況・環境を改善するために活動しているNPO法人がピープルデザイン研究所です。

みんなが乗りたくなるようなシブヤらしいPOPなモビリティとして提案する「Mobility Go Out」、街中で「困っていたら私に声をかけてください!」、「ハンディがある方をサポートをします!」という意思表明をしてくれた方に、そのサインとして身に付けてもらう「コミュニケーションチャーム」の提供、シブヤの未来像を考える場をプロデュースする「ピープルデザインMIXTURE」など、様々なプロジェクトを実施しています。

(ピープルデザイン研究所ウェブサイトより)

(ピープルデザイン研究所ウェブサイトより)

新しくなったウェブサイトには、「もしもシブヤが100人の街だったら」という仮定のもと、マイノリティに属する人々が何人いて、どういった課題を抱えているのかをかわいらしいイラストとともに紹介しています。

people design 2

マイノリティの人々でも暮らしやすい街を目指すことは、それ以外の人々にとっても暮らしやすい街となることにつながるはず。超福祉の街を目指して事業を行い、健全なまちづくり活動を他の町、市民、地域団体に普及させることを目的にした「ピープルデザイン研究所」の活動はマチノコトとしても注目したいところ。

今回のリニューアルを機に、今後どういった活動を実施していくのか、チェックしていきたいと思います。

junyamori

inquire Inc. CEO、NPO法人マチノコト理事。1987年2月生まれ、岐阜県美濃加茂市出身。『マチノコト』の編集を担当する他、一般社団法人HEAD研究会フロンティアTF副委員長、ローカルメディアネットワーク『IDENTITY』を運営中。『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』など複数のメディア運営にも携わる。

コメント

関連する記事

コミュニティに参加する

人気の記事

ページトップ