マチノコト

2015.10.14

都市を舞台にアートやデザインとの出会いを楽しむ「街の文化祭」が横浜関内エリアで開催

YCC

2015年11月7日(土)、8日(日)に、横浜関内エリアで「関内外OPEN! 7 〜街の文化祭〜」というイベントが開催されます。

今年で7回目の開催を迎えるこのイベントは、普段はなかなか入ることができない街の「ものづくり」現場を訪ね、作品をみたり、ワークショップやトークイベントに参加することができる、参加型体験イベントです。

ジャンルは、アート、グラフィックデザイン、建築、映像、写真など幅広く、横浜の関内駅周辺に複数点在するスタジオを回遊しながら、それぞれのスポットで楽しむことができるようになっています。

クリエイターとの距離を縮める1週間


ycw

横浜といえば、今年の6月には横浜市においてデザインやアートなどのクリエイティブ分野と経済活動を結び付け、産業と地域の振興を図る役割を担ってきた「YCC ヨコハマ創造都市センター」がリニューアルオープンしています。

クリエイティブとビジネスの距離を縮めることに注力している横浜市は、企業とクリエイターのコラボレーションのコーディネートなども手がけているそうです。

こうした活動を市民に知ってもらうため、「YOKOHAMA CREATIVE WEEK」というイベントを「関内外OPEN」に合わせて、2015年11月4日(水)〜11月8日(日)に開催。

期間中は先述の「YCC ヨコハマ創造都市センター」で、横浜の企業とクリエイターが共に作り上げた「ヨコハマの家」の展示を行われる他、ワークショップなどのイベントが実施されるそうです。

YOKOHAMA CREATIVE WEEK
会期:2015年11月4日(水)〜8日(日)
時間:11:00〜22:00(最終日は20:00まで)
会場:YCC 1F
展示内容:企業とクリエーターのコラボレーションによる新しいプロダクト(テーマ「ヨコハマの家」)
参加企業:(株)エーシーエム、(株)横浜石英、(有)荒井紙器製作所、協立金属工業(株)
参加クリエーター:NOSIGNER、ROOVICE、KANPIS

マチノコトも関連して市民と「都市デザイン」を考えるイベントを開催

まるで街を舞台にした文化祭のような期間に、マチノコトも横浜で関連したイベントを開催することに。

関連記事

横浜の未来を考えるツールとして作られた「横浜都市デザインビジョン」。このビジョンに合わせて、市民がどうアクションしていくべきかを考える「OPEN MEETING! 都市デザイン」を11月7日に開催します。

300万人もの人々が暮らす横浜。この都市に暮らす市民が、街の課題を自分ごと化し、自身の暮らしや働き方、地域との関わり方などについて理解を深めていく機会にしていきたいと考えています。

横浜に縁のある方は、この秋、「街の文化祭」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

junyamori

inquire Inc. CEO、NPO法人マチノコト理事。1987年2月生まれ、岐阜県美濃加茂市出身。『マチノコト』の編集を担当する他、一般社団法人HEAD研究会フロンティアTF副委員長、ローカルメディアネットワーク『IDENTITY』を運営中。『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』など複数のメディア運営にも携わる。

コメント

コミュニティに参加する

人気の記事

Sorry. No data so far.

ページトップ