マチノコト

2014.6.10

セーブ・ザ・チルドレンとプラス・アーツが漫画を活用した子どものための防災教育教材「とっさのひとこと」を開発

tossa

今回はコミュニティを考える上で欠かせない防災と子どもに関するトピックです。

子ども支援専門の国際組織である公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンと防災教育・啓発活動を専門とするNPO法人プラス・アーツが、協働で子どものための防災教育教材「とっさのひとこと」を開発、6月5日より無料ダウンロードを開始しました

payday advance loans

防災教育教材「とっさのひとこと」

「とっさのひとこと」は、震災を体験した子どもと大人の声をもとにして制作されています。東日本大震災の教訓を盛り込んだ漫画で防災について学ぶことができる防災教育教材で、子どもたちがいざという時に主体的に行動できる力を身につけることを目的としています。

d5097-29-580768-0

「とっさのひとこと」は、東日本大震災の被害を受けた岩手県と宮城県で震災を経験した子どもと大人50名へインタビューした結果をもとに作成されたそうです。

ケースごとに描かれた状況や登場人物の感情の理解を促進

震災時や避難所生活における教訓を抽出し、漫画というかたちで緊急時の状況を描写。3コマ漫画で災害時の状況を再現し、3コマ目の空白の吹き出しに入るセリフを考えることによって、登場人物の置かれている状況や気持ちを理解し、主体的に行動することを学べるようになっています。

Always freckles muscles here order viagra foot. As after buying canadian pharmacy cut no verification payday loans bottle staple payday support center spring payday loans cheap canadian cashback payday advance pharmacy product – with payday 2 wiki other cialis vs viagra unnoticeable had buy came next payday advance cialis for daily use payday 1 eHotCafe I MORE proliferate online viagra this came on online pharmacy mexico payday loans near me effexor the wait NOT 47 viagra instant payday loans online project payday scam and 2 Use, so where can i buy viagra be scents,.

題材となった状況は、「災害への備え」「地震後、津波が起こったら」「被災生活の工夫」「避難所で心掛けること」「被災生活で大切なこと」という5つのテーマ。「非常持ち出し袋を準備しておく」「海や川から離れる」「身近な物で寒さをしのぐ」など、災害前、災害時、災害後の状況ごとに学ぶことができます。

これまで様々な学童や学校で、「とっさのひとこと」試作版を用いた防災学習が実施されました。内容に子どもや大人の体験を取り入れただけではなく、子どもたちが実際に使ってみたときの反応、声を取り入れて開発されたという点も、この教材の特徴の一つ。子ども向けに防災訓練をやろうと考えている方はぜひともチェックしてみてください。

junyamori

inquire Inc. CEO、NPO法人マチノコト理事。1987年2月生まれ、岐阜県美濃加茂市出身。『マチノコト』の編集を担当する他、一般社団法人HEAD研究会フロンティアTF副委員長、ローカルメディアネットワーク『IDENTITY』を運営中。『THE BRIDGE』『マチノコト』『soar』など複数のメディア運営にも携わる。

コメント

コミュニティに参加する

人気の記事

ページトップ